受け継がれる職人技~鋤簾(じょれん)

また今日も、雷雨、雷雨の午後となりました。雷の音を聞くと、梅雨明けが近いのだと感じますね。

三峰公園にひっそりと咲くツユクサです。鮮やかな花の色に引き付けられました。

さて、本日7月11日(日)は、実に2週間ぶりの三峰公園清掃を行いました。先週の日曜日は朝から雨降りだったのです🌧午前8時30分には三々五々、「久しぶりの掃除だね~」と言いながら、役員たちが集まってまいりました。

木村理事は鋤簾(じょれん)を使い、この2週間の雨降りで、たくさん出現した雑草を取り除いています。

 

 

おっ!なかなか息の合ったお二人のお掃除風景ですね~✨
掃除も終盤に差しかかり、ごみをまとめる青木理事と濱口理事です。

今日は、木村理事や長島会長よりレクチャーを受けて、鋤簾(じょれん)での草取りに初チャレンジした理事がおります❣

あれ、鈴木さん、鋤簾使っているの?「これ、とっても便利!うちでも欲しいなぁ」
そこに長島会長が。「なかなか根っこまで全部取るのはむずかしいから、こんなふうに動かすといいよ」なるほど~

このように、砧町町会では、草取りの技も、ベテラン理事から新人理事さんへ受け継がれていきます。次の「鋤簾」デビューはどなたでしょうか?

だんだん暑くなってきましたが、この夏も三峰公園をきれいにするぞー!おーっ‼

本日のおまけ。

トイレと防災倉庫の間を丹念に掃除する倉島副会長でした☺