スポーツの力について~人と人とをつなぐもの

17日間の「東京2020オリンピック」が幕を閉じました。

前例のない、コロナ禍での大会について、賛否両論のある中での開催でした。選手たちが自身のコメントの中で「このような状況下で大会を開催していただいてありがとうございます!」と、口々に感謝の言葉を述べていたことが印象的でした。

連日の熱戦。おうちのテレビに向かって、大きな声で声援を送った方も多かったのではないでしょうか?

一方で、緊急事態宣言の延長が発表され、新型コロナウイルス感染者数が連日最多を更新し続けています。その勢いには恐怖を感じます。そんな日々の中でも、選手たちの熱い熱い戦いを応援し、拍手を送り、そしてたくさんの感動をいただきました。「スポーツって、やっぱりすごい!」と実感しました。スクリーンを通してですが、会場と私たちは、確かにつながっていることを感じました。アスリートの皆さま、大会を運営した皆さま、本当にお疲れさまでした✨

次は「パラリンピック」です。「オリンピック」が終わった今、これ以上感染が拡大しないように、私たち一人ひとりの「感染をしない・させない」努力が必要です。

さて、砧町町会では、8月8日(日)に「パラリンピック」の競技種目である「ボッチャ」の練習会を行いました。当初は地域の皆さまにもご参加いただく予定でしたが、緊急事態宣言下となりましたので、スタッフと協力者のみで、1時間ほどの練習を実施しました。

まずは、ボールに慣れるためにひたすら投げてみます。ボールの感触や転がり具合などを見てみます。
初めてとは思えないくらい、素晴らしいショットです✨

参加者は、砧町町会スタッフ4名、砧町町会協力者2名、スポーツ推進委員3名の合計9名でした。協力者のお二人は初心者です。しかし、試合形式で練習していくうちに、ナイスショットがたくさん出るようになりました。練習試合のつもりでしたが、最終の第6エンドまで接戦が繰り広げられました!

試合の途中には、実際にボールの近くに行って「次の一手」をみんなで考えることもあります。これも「ボッチャ」の面白いところです。
もちろん、長島会長は、今日もスーパーショット連発です(笑)

 

 

 

 

今日も、スポーツ推進委員の皆さまに、審判をお願いしたり、アドバイスをいただいたりしました。いつも本当にありがとうございます。勝っても負けても、最後にはみんな(マスクの下は)笑顔です!少人数、短時間での練習会でしたが、「ボッチャ」の楽しさと、皆と一緒にスポーツができる嬉しさをたくさん感じることができました。

皆さん、練習会、お疲れさまでした!マスクの下、皆さんが笑顔なのが分かりますね☺
鈴木副会長も、ジャックボールが見えにくいむずかしい場所から、ナイスショットです!

砧町町会は、これからも、みんなでスポーツをすることの楽しさをお伝えしていくつもりです。スポーツを通して人と人がつながり、笑顔あふれる砧の町になればいいな、と思います。