秋の「古着古布回収」が行われました!

穏やかな小春日和の11月20日(土)、「砧地区古着古布回収・当日回収」が行われました。

「砧地区」では、11月17日(水)~19日(金)の砧まちづくりセンターでの回収を「事前回収」、20日(土)に砧地区の各地で町会・自治会が運営する回収を「当日回収」と呼んでいます。

事前回収中の山根副会長です。山根副会長は「砧地区古着古布回収」の主催団体「砧地区ごみ減量・リサイクル推進委員会」の副委員長をつとめています。
この写真は「事前回収」1日目ですが、すでにまちセンの活動フロアーには古着の入った袋がたくさん積まれています。古着をお持ちくださった皆さんに配る「リーフレットと特製ごみ袋」を用意する山根副委員長です。がんばれー❣

さて、「当日回収」の11月20日(土)、砧町町会は砧4丁目の「観音公園」にて古着古布回収を行いました。

砧中学校の生徒さんたちです。期末試験が終わったばかりでリラックスムード☺期末試験、おつかれさま~
砧南中学校の女の子たちはとっても明るくて元気🥰宇奈根から来てくれました~ありがとう💕

今回は、砧中・砧南中の生徒さんたちがボランティアでたくさん来てくれました。たのもしい❣町会のおじさん、おばさんたちは大いに助かりました☺

 

自転車のカゴに古着の袋を積んだ方が来ると、さっと駆け寄り袋を運んでくれたり、大型トラックに袋を運び込んでくれたり、古着を持ち込んでくれた方にリーフレットの説明をしてくれたり…と、大活躍の中学生たち❣本当にありがとう❣

2時間の活動が終わり、長島会長が帽子を取ってご挨拶すると、きちんと礼をする、礼儀正しい中学生たちです☺
最後まで人のお話を真剣に聞く態度が素晴らしい、両校の中学生たちです☺

皆さまからお預かりした古着古布は、資源回収業者さんによって海外に送られ、すべて「リユース・リサイクル」されます。約半分は「古着としてリユース」されるのです。

最後に山根副会長が皆さんに感謝のご挨拶を。山根さんは「ごみ減量・リサイクル推進委員会」の活動をさらに推進させたいと考えています。私たちも応援しています☺

そして、古着古布回収は、回収量に応じて「業者からの売り払い金(1㎏あたり10円くらい)」と「区からの報奨金(1㎏あたり10円)」が支払われます。この収入は、古着古布をお持ちいただいた皆さんにお渡しした「特製ごみ袋」の購入に充てたり、「地区まつり」(緑化まつり等)に一部使われたりしています。

私たちはこれらの収入を、もう少し地域の皆さんの目に見える形で活用する方法があるのでは、と考えています。古着古布回収も「砧地区ごみ減量・リサイクル推進委員会」を中心に、地域全体で取り組む活動にしていきたいと思っています。

皆さん、本当にお疲れさまでした~1年ぶりの回収には、たくさんの方々が来てくださいました。感謝です🥰

秋の「砧地区古着古布回収」にご協力くださいました皆さま、本当にありがとうございました。次回は来年の6月に予定されています。着られなくなった、着なくなった服は「可燃ごみ」には出さずに、ぜひ次回の「古着古布回収」にお出しくださいね☺

中学生たちには「ごみ減量・リサイクル推進委員会」と「砧ごみゼロの会」の黄色いベスト、または「砧町町会」の青色のビブスのどちらかを着て従事してもらいました✨
中学生の皆さんと一緒に活動できて楽しかったです❣