緊急事態宣言が適用に~砧の地から願いをこめて

本日4月25日(日)、新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が発出されました。

砧町町会では、本日開催を予定しておりました「令和3年度定期総会」を中止し、書面開催にすることを先週決定し、会員の皆様、関係者の皆様にお知らせいたしました。

今日は、毎週日曜日に実施している「三峰公園清掃」を少人数で行いました。早朝にもかかわらず、いつもより多くの親子連れが公園に遊びに来ていました。三峰公園清掃のあとは、お隣の三峯神社にお参りするのが、私たち砧町町会役員のルーティンになっています。

4月25日(日)午前9時ごろの三峯神社です。ひとり、またひとりと、お参りにいらっしゃる方が後を絶ちません。

参道の脇に、落ち葉の吹き溜まりを発見!サッとほうきを取り出し、お掃除を始める長島会長と清水理事。さすがです!

いつも行動がてきぱきとしているお二人です。
「はいっ!こっち向いて~」とスマホを向けると、この笑顔(マスクの下は、ですが)です。

緊急事態宣言下ではありますが、今日の三峯神社にもお花がいっぱいでした。龍の手水舎には蘭の花が。赤紫のつつじの花にも心が和みます。

緊急事態宣言下でも砧(山野)の鎮守を見守る龍です。蘭の花がきれいです。
稲荷社の横にあるつつじの木は、まあるい形です。もうすぐ見ごろとなりそうです。

 

 

 

 

また、三峯神社入口の掲示スペースには、「コロナに負けるな!」のメッセージが。「元気、やる気、本気」の「三気」で頑張れ!と、砧町鎮守三峯神社世話人の皆様からの応援の言葉です。

三峯神社入口の左手にあります。砧の鎮守三峯神社より、穏やかな日常が一日も早く訪れることを祈願します。

そう、負けてなんていられない。つらいのは、しんどいのは、みんな同じです。三密の回避、不要不急の外出の自粛等、基本的な対策をそれぞれが行い、砧の地から、新型コロナウイルス感染症の、一日も早い収束を願いましょう。

砧の鎮守は、いつ訪れても静謐な空気が流れています。心が落ち着きます。